top of page

『スマート工場アカデミー<7時限目>』(2023.10.01)



スマートファクトリー

今月の26日はナポレオン・ヒル生誕の日。ナポレオン・ヒルは

「思考は現実化する」「成功哲学」などで有名な成功哲学の提唱者です。

自己啓発で日々自己研鑽なさっている方は、この著書と既に出会っているのではないでしょうか。


技術屋集団コスモマンの一人「たかし」です。

ナポレオン・ヒルは厳しい言い回しの中に本質がある名言が私は大好きです。


スマートファクトリーの前に彼の名言を紹介させて下さい。

 ■目標も計画もなしに 成功はありえない。

 ■あなたが失敗する理由は、一日延ばしの習慣にある。

 ■本気で成功したいと願うなら、手を抜くことはやめることだ。


日々の仕事の中で失敗と感じる事や成功できた!と感じる事がありますが、

目標や目的をしっかり持っていれば、そのすべてが糧となります。「思考は現実化する」の最初は夢や目標を持つ事です。

それがないと成功はあり得ない。成功が何か決まっていないですよね。

先ずは無理かそうではないか、目標を立てる事が大切ですね。


話が逸れてしまいましたが、今回は「スマートファクトリーの費用」のついて触れたいと思います。


スマートファクトリーに関わる費用は、様々な要因によって異なります。

スマートファクトリーの導入やアップグレードに関連する主要な費用要因は以下まとめていきます。


①ハードウェアコスト: スマートファクトリーにはセンサー、アクチュエータ、ロボット、自動化装置などのハードウェアが必要です。

 これらのコストは、ファクトリーの規模と必要な技術によって異なります。

 つまり、何をどこまで行いたいかで増減します。


②ソフトウェアコスト: スマートファクトリーの運用には、センサーデータの収集・解析、生産プロセスの制御、予測保全などのためのソフトウェアが必要です。ソフトウェアライセンス、カスタマイズ、アプリケーション開発にかかる費用が含まれます。

 意外にコストが関わる部分です。必要な機能の精査が必要です。  


③ネットワークと通信コスト: スマートファクトリーではデバイスやシステム間の通信が重要です。これには通信インフラストラクチャの構築や運用に関連するコストがかかります。現状を流用か、新設するかでコストは大きく変わります。


④トレーニングとスキルアップ費用: スタッフが新しい技術やシステムを理解し、適切に操作できるようにするためのトレーニングやスキルアッププログラムにかかる費用があります。実は無視できません。得手不得手、適正を考慮して最適な人材配置が必要です。

 


⑤保守とサポート費用: スマートファクトリーのシステムや機器の保守、アップデート、故障時の修理などにかかる費用があります。


⑥導入プロジェクトのコスト: スマートファクトリーの導入プロジェクトにはプロジェクト管理、コンサルティング、システム統合などにかかるコストが含まれますが、新規、既存に関わらず、コスモ技研にお問合せ下さい。最適なご提案をさせて頂きます。


⑦ライセンスやROI分析費用

 効果測定とROI分析費用: スマートファクトリーの効果を測定し、投資回収率(ROI)を分析するための費用がかかることがあります。

 そういった点も含め、最適な案を協議させて頂きます。


スマートファクトリーの費用は、導入する技術とシステムの種類、ファクトリーの規模、業界、地域などに大きく依存します。

スマートファクトリーの計画を立てる際には、必要な費用を詳細に予算化し、ROIを検討することも重要です。


楽の秋 食欲の秋 スポーツの秋 好季節を満喫しましょう!!


それでは今月も「ご安全に!」




コスモ技研

Comments


COSMO Engineering Co.,Ltd.

  • スマートファクトリー
  • スマートファクトリー
bottom of page