AdobeStock_382532832.jpeg

医療・医薬業界の事例

medical industry

コスモ技研は創業当初より、化学、重工業、工作機械、航空、医療、医薬、食品など各分野で自動化・無人化を必要とされる企業様に納入させていただきました。

 

特に近年では、大手化学業界、大手医薬業界のお客様にロボットシステムを納入させていただいた実績とそこで培ったノウハウを元に、社内で独自に研究開発を行い更なる工場のスマートファクトリー化を進めるお手伝いを行っています。

コスモの 医療・医薬業界事例

一般的に医療・医薬品は非常に厳しい衛生環境下で、高い技術をもった人の手によって生産されています。同時にヒューマンエラーの防止や、繊細な手作業の再現性が困難な現状が重なり、自動化のニーズは高いものの実現が難しいという状況です。

また、医療・医薬品クリーンロボットの特徴としては、装置内外への塵を抑制する構造になっており、IP65(機器内への遺物の進入に対する保護の等級の防塵・防滴性能 が主流でISOクラス5(クリーン度の規格)の仕様が一般的となっています。

また、真空状態でも問題なく稼働できるように潤滑油の蒸発を抑制したり、ロボットからの発熱を装置外に放出しない構造になっているものがあり医療・医薬業界ならではの条件に対応できるロボットSIerが必要となります。

istockphoto-1143055725-170667a.jpg
スクリーンショット 2022-09-27 10.45.44.png
スクリーンショット 2022-09-27 10.44.47.png

① 某医薬品工場の生産工程。無菌状態の厳しい衛生環境下での生産。

② ピッキング工程では正確なハンドリングにより、繊細なワークを熟練工の作業のように取り扱うことができます。

スクリーンショット 2022-11-02 13.47.52.png
スクリーンショット 2022-09-27 10.45_edited.jpg

③ クリーン環境の中で、医薬関連ワークの移載も正確に行います。

④ 包装・梱包作業にピッキングロボットを活用。

医薬品産業で産業用ロボットを導入されやすい工程

医療・医薬品の生産現場で産業用ロボットを導入しやすい工程は下記の3つの工程があります。

①ピッキング工程

ワークの誤配送といった、医療・医薬品産業で発生してはいけないヒューマンエラーがあります。こうした事故を起こさないことが課題ですが、人の手が介入している工程では、その発生率をゼロにすることは非常に大きな課題であるといえます。

自動化によってピッキングロボットを活用することにより、正確なピッキングを行いヒューマンエラーはもとより、製品破損などについても近年の豊富なピッキングロボットの技術により未然に防ぐ効果があります。

②検査・検品工程

検査・検品を行うロボットの特徴として、ワークの外観をAIで記憶させ過去の製品データからAIがパターンを学習することで検査精度を上げていく取り組み方法も活用できます。これにより異物混入を未然に防ぎ、人間では感知できない精度の高い作業を長時間維持することができます。

③包装・梱包工程

包装・梱包作業時は汚染事故が課題となります。

汚染事故とそれに続く製品のリコールは、あらゆる医療・医薬品会社の評判を損ねる可能性があります。

ロボットを導入することで「人の手が触れない」環境を確立できるので、汚染された製品の流出を防止できるのでロボットを導入する工程として優先されています。

​お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

受付時間/平日9:00〜17:00

​担  当/営業技術部

COSMO Engineering Co.,Ltd.

  • スマートファクトリー
  • スマートファクトリー